ごあいさつ

活動報告ブログ

2019-04-22 10:14:00

 

 

※訂正とお詫び(5月15日) 

 

 

こんにちは!

すっかり春の陽気に気が緩みがちな中島です。

みなさんはお気をつけてお過ごしですか?

 

 

さて、今回は満を持してお知らせするコチラ!!

 

 

「 第一回 いばらき小児在宅シンポジウム 」

 

開催のお知らせです!!!

 

 

  

近年、多くの小児が病院での治療生活から

在宅での療養生活へと移行していっています。

  

 

 

退院した後、近くのクリニックにかかれるの…?

発達に不安があったらどこに相談したらいいの…?

この子は保育園・学校に入れるの…?

 

 

様々な不安を抱えながら患者と家族は退院していきます。

 

 

病院から地域行政へ。

行政から保育園へ。

保育園からデイサービスへ。

 

職種や立場に関わらず支援のタスキが回される世の中になれば、

きっともっと在宅生活が楽しめる時代がくるのではないでしょうか。

 

 

 

 

今回のシンポジウムは、かけはしねっと が日頃お世話になっている

医療機関、行政、支援サービス事業所等の支援者の皆様が一堂に会し、

小児の在宅生活について一緒に考える場にしようと考えました。

ご家族、当事者の参加もOKです!

 

 

第一回目は、 

 

「 在宅生活をもっと楽しく過ごすためには 」

 

をテーマに掲げ、講演を行います。

 

 

茨城県南地域において有数の小児医療実績をもつ

筑波大学附属病院の、小児科 宮園 弥生 医師 、

 

また、

 

福井県において在宅医療分野で顕著な功績を収められている、

オレンジホームケアクリニック 代表

紅谷 浩之 医師

にお越しいただき、特別講演も予定しております。

 

 

オレンジホームケアクリニック は

福井県で初となる在宅医療専門クリニックで、

24時間365日の診療を可能にしています。

 

紅谷先生は、在宅療養患者に寄り添う姿勢や

今まで実現してこなかった訪問診療の仕組みづくりをした

その功績から、メディアへの出演も多い医師です。

 

 

小児在宅医療をどのように考え、何を変えていったのか?

在宅生活の支援を充実させることによって、何が変わったのか?

 

 

紅谷先生のお話をつくばで聴ける、貴重な機会です。

ぜひぜひ、皆様お誘い合わせのうえ、足をお運びください!

 

 

なお、お申し込みはこのホームページ内

「 交流会 申込 」および「 お問い合わせ 」のページからいただくか、

かけはしねっと のメールアドレス、または facebookより。

 

 

皆様のご参加、お待ちしております!