ごあいさつ

活動報告ブログ

2019-06-27 21:04:00

こんばんは!お久しぶりの中島です。

 

こちらもお久しぶりの台風の到来に

庭仕事の道具を慌てて片付けました。

風の音が怖いですよね…夜中よく眠れますように。

 

 

さて、かけはしねっと 念願のシンポジウムが

去る6月22日(土)に開催されましたのでご報告です!

 

 

20190622_omote.jpg

 

 

第一回 いばらき小児在宅シンポジウム

 

 

茨城県における

小児の在宅生活をもっと楽しく!

をテーマに、

 

地元 筑波大学附属病院の小児科医師

宮園 弥生 先生

 

ならびに

 

遥々 福井よりお越しくださった

オレンジホームケアクリニック代表医師

紅谷 浩之 先生

 

のお二人にご講演をお願いしました。

 

 

国光さん.jpg

開会には国会議員の国光あやのさんや

つくば市の保健福祉部次長にもご挨拶いただきました。

お忙しいなか、ありがとうございます! 

 

 

宮園先生には、NICUから在宅生活への

移行期に関わる現状や課題のお話をしていただきました。 

 

 宮園先生1.jpg

 

筑波大学附属病院での退院支援に関する事例や

 

「つくば式」と呼ばれる全国初の在宅診療システムについてなど

茨城での小児在宅診療の第一歩とも言えるお話を伺うことができました。

 

宮園先生.jpg 

実は私の娘も、実際につくば式在宅診療システムのお世話になっていますが

利用する前と後では、在宅での体調変化による不安がだいぶ和らいでいます。

 

 

紅谷先生には、オレンジホームケアクリニック の

訪問診療システムによって支えられている子供達や

家族の事例をお話いただきました。

 

紅谷先生.jpg

 

「 “ドクターストップ” でなく “ドクターゴー” 」

「 “ Un happy ”を“ Be happy!” に」

など名言が繰り出されるなか、

私が一番耳に残ったのはこの言葉。

 

「 医療ケアはメガネ 」

 

どういうことかというと…

 

メガネはもともと医療用具。

視力を矯正して治療するための医療用具。

 

でも、現代では多くの人が、

メガネを医療用具として意識して買ってはいないですよね。

おしゃれ目的に持ったり、幾つも持ってコーディネートしたり。

 

今では生活の一部にすらなっている、

そんな “ メガネ ” に医療がなっていけたら……

 

そう紅谷先生はおっしゃいました。

 

確かに医療的ケアって、すでに我が家の生活では

なくてはならないものだし、あって当たり前になっています。

いつか誰にとっても、街中で目に触れても違和感のない

メガネのような存在になっていったら、

医療的ケアと生きる私たちも、もっと暮らしやすくなるんだろうなぁ。

 

そう思いました。

 

 

軽井沢での短期ケアラボの楽しそうなお話も

本当に興味深かった。行きたい!

(詳しくは「オレンジキッズケアラボ」で検索!)

 

皆様の熱気と、楽しくも勉強になるご講演に

あっという間の2時間でした。

 

質疑応答.jpg

質疑応答のお時間もいただきました。長時間ありがとうございます!!

 

代表.jpg

代表も感無量のご挨拶。

 

 

 

パネル.jpg

かけはしねっと のこれまでの歩みを会場内にパネル展示しました。

 

 

今回、多職種に渡って広くご応募をいただき、

約100名もの方々にお越しいただくことができました。

本当に、ありがとうございます!!

会場全体.jpg 

 

宮園先生のお話にもあった「つくば式」在宅診療システムや

紅谷先生が福井で実践していらっしゃるシステムは

その土地、その人だからこそ成し得たものだと思います。

今後それぞれの地域に合ったシステムを生んでいくのは、

他でもない、その土地に暮らす私たちなのではないでしょうか。

 

 

当事者意識を忘れず、これからも皆さんと一緒に

進んでいきたいと思います!

 

 

準備中1.jpg 

みんなで準備〜

お手伝い、ありがとうございました♪

準備中2.jpg

 ピース☆

 

↓ シンポジウム後の懇親会にて♪ 

 懇親会.jpg

 

 

みなさま本当に、ありがとうございました!

 

 


2019-05-07 22:17:00
55600796_628024930981350_6893081584165978112_n.jpg

長かったGWも終わりましたね。

こんばんは、中島です。

 

もう5月になってしまいましたが、3月末に開催した映画上映会のご報告です。

 

 

映画「子どもが教えてくれたこと」

 

フランスで23万人が観たという本作。

病気を患っている5人の子供たちが、

治療をしながら家族や友人と過ごす中で得ていく楽しみや関心ごとを

やさしく見つめていくことで、今この瞬間を生きることの大切さを

教えてくれる作品です。

 

 

参加人数が少なかったので、お互いの自己紹介からスタート。

コーヒーを飲みながら、ゆったりと見てもらうことができました。

 

 

「できるのにやらせようとしない母親が多い」

 

映画の中で、子どものひとりが言った言葉です。

 

先のことを考えすぎて、子どもの今を疎かにしてないかな?と

自分と子どもとの関わり方について考えさせられました。
たくさんの方に見て欲しいです。

 

 

年度末の忙しいなか、お越しくださったみなさま、ありがとうございました。

 

 

 

56119381_628024977648012_3151710820723851264_n.jpg


2019-04-22 10:14:00
20190622_omote.jpg

 

 

※訂正とお詫び(5月15日) 

 

 

こんにちは!

すっかり春の陽気に気が緩みがちな中島です。

みなさんはお気をつけてお過ごしですか?

 

 

さて、今回は満を持してお知らせするコチラ!!

 

 

「 第一回 いばらき小児在宅シンポジウム 」

 

開催のお知らせです!!!

 

 

  

近年、多くの小児が病院での治療生活から

在宅での療養生活へと移行していっています。

  

 

 

退院した後、近くのクリニックにかかれるの…?

発達に不安があったらどこに相談したらいいの…?

この子は保育園・学校に入れるの…?

 

 

様々な不安を抱えながら患者と家族は退院していきます。

 

 

病院から地域行政へ。

行政から保育園へ。

保育園からデイサービスへ。

 

職種や立場に関わらず支援のタスキが回される世の中になれば、

きっともっと在宅生活が楽しめる時代がくるのではないでしょうか。

 

 

 

 

今回のシンポジウムは、かけはしねっと が日頃お世話になっている

医療機関、行政、支援サービス事業所等の支援者の皆様が一堂に会し、

小児の在宅生活について一緒に考える場にしようと考えました。

ご家族、当事者の参加もOKです!

 

 

第一回目は、 

 

「 在宅生活をもっと楽しく過ごすためには 」

 

をテーマに掲げ、講演を行います。

 

 

茨城県南地域において有数の小児医療実績をもつ

筑波大学附属病院の、小児科 宮園 弥生 医師 、

 

また、

 

福井県において在宅医療分野で顕著な功績を収められている、

オレンジホームケアクリニック 代表

紅谷 浩之 医師

にお越しいただき、特別講演も予定しております。

 

 

オレンジホームケアクリニック は

福井県で初となる在宅医療専門クリニックで、

24時間365日の診療を可能にしています。

 

紅谷先生は、在宅療養患者に寄り添う姿勢や

今まで実現してこなかった訪問診療の仕組みづくりをした

その功績から、メディアへの出演も多い医師です。

 

 

小児在宅医療をどのように考え、何を変えていったのか?

在宅生活の支援を充実させることによって、何が変わったのか?

 

 

紅谷先生のお話をつくばで聴ける、貴重な機会です。

ぜひぜひ、皆様お誘い合わせのうえ、足をお運びください!

 

 

なお、お申し込みはこのホームページ内

「 交流会 申込 」および「 お問い合わせ 」のページからいただくか、

かけはしねっと のメールアドレス、または facebookより。

 

 

皆様のご参加、お待ちしております!

 

 

 

 


2019-04-16 22:39:00

この度、かけはしねっとは

つくばOAKライオンズクラブ会員の皆様より御寄付を頂戴いたしました。

 

57232226_636439726806537_2660465183100502016_n.jpg

 

 

日頃から私どもの活動に心を寄せて下さっている方に推薦いただき、

このありがたいご縁をいただきました。


そして、子どもたちが作ってくれたかけはしもまた、

この縁を深いものにしてくれたと感じます。

 


活動を始めて3年目のかけはしねっと。

 

これまでの活動の歩みが間違いではなかったと自負するとともに、

これからもますますの歩みを進めて行こうと気を引き締めました。

 


今後とも応援よろしくお願いいたします。

 

 

57155486_636439750139868_1977565962857086976_n.jpg

 

 

57415283_636439773473199_688695360213745664_n.jpg

 

 


2019-03-19 17:41:00

かなり暖かい日が増えてきましたね。

すっかり春です。

 

周りではご卒業の報告も多く、

新たな季節の始まりを感じる今日この頃。

 

2月に行ったスイッチ体験会のご報告をします。

…今頃になってからのご報告ですみません(汗)

 

 

せっかく時間をかけての更新ですので、画像たっぷりで行きますね!

 

20190224.jpg

 

今回の内容は、ワークショップと支援機器の体験の2部構成。

 

 

CYMERA_20190224_103518.jpg

 

ワークショップ前半は、やまねこ工作室さんによる

支援機器についての詳しいご紹介からスタート。

 

CYMERA_20190224_101203.jpg

 

たくさんの写真や実例を混じえながら

わかりやすくご説明いただきました。

 

CYMERA_20190224_100624.jpg

ご参加の皆様、真剣です!

 

 

ワークショップが始まると皆様の前に

感覚おもちゃの組み立てキットが配られ、

各自で組み立て体験スタート!

 

CYMERA_20190224_104630.jpg

 

これまた真剣な様子!

 

CYMERA_20190224_104644.jpg

 

今回は組み立て体験ということもあって、

なんと千葉県群馬県から事業所の方のご参加も!

 

 

できあがったのは、軽い力で作動できるスイッチと合わせて

ブルブルと振動するおもちゃ。

 

CYMERA_20190224_154152.jpg

 

力が弱くても自分でおもちゃを動かせます。

 

手持ちのおもちゃに取り付けるだけで

簡単にスイッチに接続できる部品もいただき、

家に持ち帰ってからも子供達が

 

「自分で動かしてみたい!」

 

と思えるような工夫をしてくださいました。

↑この気持ち、本当に大事!

 

 

そして2部では、視線入力の体験とスイッチの展示を行いました。

 

CYMERA_20190224_143458.jpg

 

バギーのままでも体験ができます。

 

CYMERA_20190224_143632.jpg

 

なんと目線入力でシューティングゲーム。

 

体験した子供達は、初めての体験に

不思議そうに目を輝かせていました。

 

色々な種類のスイッチをたくさん持って来ていただいたので、

展示も色とりどり!

 

CYMERA_20190224_104754.jpg

CYMERA_20190224_104713.jpg

 

 

かる〜〜〜〜い力でそっと握るだけでON/OFFできるスイッチや

ふぅと息を吹きかけただけでON/OFFできるスイッチ。

 

他にも、大きなレバーを倒すタイプや、輪っかを引っ張るタイプなど

本当に様々な入力の方法があるんだなと驚かされました。

 

CYMERA_20190224_104747.jpg

 

CYMERA_20190224_143826.jpg

きょうだいも参加して体験。楽しんでいました!

 

 

今回は2部構成でしたので、

参加される皆様も1部2部と顔触れが変わり

ご都合に合わせて来ていただけたのが良かったなと思っています。

 

 

また、県外からのご参加もあり、

かけはしねっと の名前に相応しい会になって嬉しい限りです。

 

 

こちらでのご報告は遅れてしまいましたが、

ご協力くださった やまねこ工作室さま、

本当にありがとうございました!

 

 

参加者の皆さまもありがとうございました!

ご感想があれば是非お寄せください。

今後の参考にさせていただきたいと思います。

 

 

子供達の嬉しい!楽しい!の幅が広がりますように!