ごあいさつ

活動報告ブログ

2019-02-07 10:30:00
20190224.jpg

こんにちは!

寒い日と暖かい日が交互にやってきて、

体調管理が大変ですね(*_*;

明日はたいへんな寒波だとか。。

みなさまどうぞお気をつけください。

 

 

さて、お待たせしました!

やっと今月の交流会の情報解禁です!

 

 

今年も、長年支援機器の製作を続けていらっしゃる

山ねこ工作室 さんをお招きして、

入力支援機器の体験会を行います!

 

第1部ワークショップでは、身近に手に入るケースを使って

おもちゃを組み立て、支援機器を使って動かしてみます。

※ケースはチラシに掲載の写真をご覧ください。

 

第2部の体験では、視線入力による簡単なゲーム体験ができます。

 

第1部と第2部、それぞれお申し込みが必要です。

ご注意ください! 

 

 

場所:筑波銀行つくば副都心支店

第1部 支援機器ワークショップ 10:00〜12:00

    ※定員10名、実費負担900円程度有

第2部 視線入力・支援機器体験 13:30〜15:00

 

 

 なお、今回から試験的に

ホームページメニューに「交流会申込み」の

項目をもうけてみました。

そちらからも申込み可能ですので、

よろしかったらお試しください。

 

みなさまのご参加、お待ちしています!

 

 

 


2019-02-02 12:58:00

 

こんにちは!中島です。

 

雪解けの冷たい風が運んできた2月。

いよいよ厳冬と言われる頃でしょうか?

早朝は寒さが身にしみます。

みなさま、暖かく過ごされてますか?

 

 

 

さて、先日かけはしねっと 代表 根本が、

茨城県市町村保健師連絡協議会 平成30年度市町村保健師研修会

に出席させていただき、講演をさせていただきました。

 

講演では、

現在の医療的ケア児・者に対する取り組みや、

家族の困り感などをお伝えしてきました。

 

 

 

ありがたいことに講演後いただいたアンケートには、

「話に胸を打たれた」「保健師として何ができるか考えさせられた」

など、お話を真摯に受け止めてくださったお声が多く寄せられました。

 

 

定員を超える数の参加者が集まったことからも、

医療的ケアへの関心が深まってきていることを感じました。

また一つ、医療的ケアを理解しようとしてくださる動きの

お手伝いができたのではないかと思っています。

 

障害のあるなしや医療的ケアのあるなしにかかわらず、 

地域の保健師さんは、子どもが生まれてすぐから

親や本人の支えになってくれる大切な存在です。

 

これからも是非、

困っている家庭や生きづらさを感じる方の

心の拠り所の一つとして地域を支えていただけたらと

期待しています。 

 

 

貴重な機会をありがとうございました!

 

 

 

**********************

かけはしねっと  では、運営メンバーによる

講演などのご相談もお受けしています。

医療的ケア、重度心身障害の当事者家族として、

お伝えできることがあればお手伝いをしますので

お問い合わせページよりご連絡ください。

**********************

 

 


2019-01-31 21:24:00

 

 

こんばんは!中島です。

更新がおひさしぶりになってしまいました。

 

年末から胃腸炎やらインフルエンザやら、大人も子供も苦しめられた我が家。

私も今だに咳が残っております。

インフルの大流行継続中ですが、読者のみなさまは体調お変わりないでしょうか?

 

 

さて、今日は厚労省の方から大事なお話を聞いて来ました。

 

資料.jpg 

 

 

「医療的ケア児等の医療情報共有システム(MEIS)」

というまったく新しいシステムの運用が始まるという、周知・説明のための会です。

 

 

代表.jpg

代表と娘と参加してきました。@茨城県立こども病院

 

 

医療的ケア児に限らず、薬や栄養投与の指示、

生活の注意点などをかかりつけ病院以外のどこかに説明する際は、

現在は患者の家族が独自に紙に書き出すなどして用意しなければなりません。

 

 

しかし、このシステムの運用が始まれば、

かかりつけ医以外の病院で緊急に受診が必要な場合も、

この “MEIS” の画面を見せるだけで普段の様子が詳細に伝えられる…というものです。

 

 

中.jpg

 

 

現在は旅行先や予期せぬ救急搬送を想定しているとはいうものの、

つまりは診療情報の共有ということ。

 

普段、訪問看護やデイなど、利用しているサービスごとに

何回も同じ説明を繰り返さなければいけない患者さん&家族には、

活用次第では有用になっていくのでは・・・と期待をせざるを得ません。

 

 

 

しかし、現状では課題もありそうだな、というのが今回の感想です。

 

 

情報入力が家族任せになることや、医療に関する事項については

家族による入力後、かかりつけ医師に承認を得ないとアップできないなど、

入力に関する新たな手間が患者・医療機関ともに生まれる点は、

2019年度の試運用期間中に解消されるのか疑問が残りました。

 

 

 

ともあれ、私個人としてはずっと待ち望んでいた “診療情報のクラウド共有化”

最初から完璧ではなくとも、改善を繰り返しながら

ぜひとも未来の在宅医療のデフォルトとなるよう願っています。

 

 

ちなみに、今回の詳細に関しては後ほど

資料を交えながらよーくお伝えしていきます。

 

2020年の運用開始を目指しているそうなので、

当事者であるみなさんと一緒に、注意深く見守って行きたいと思います。

 

裏.jpg

 

システムの詳細をご覧になりたい方はこちらをクリック

 

まずはご報告まで。

貴重な機会にお誘いいただきありがとうございました。

 

 


2019-01-12 11:02:00

旧年中のご厚情、誠にありがとうございました。

遅ればせながら新年、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

今年のかけはしねっと は、

昨年以上に!?イベント盛りだくさんの予感。

 

さっそく、その第一弾として2月24日(土)

昨年も開催し盛況いただきました、

「山ねこ工作室 入力支援スイッチ体験会」

を今年も開催いたします!

今年は制作ワークショップと、視線による入力の体験を企画。

筑波銀行副都心支店にて開催予定です。

詳細は近日中にアップいたしますのでお待ちくださいね。

 

 

また、その前の週の2月16日(土)

茨城県による委託事業

「医療的ケア児者支援従事者等研修」

筑波大学 健康医科学イノベーション棟8階講堂にて

行われ、当会の代表がパネルディスカッションで参加いたします!

 

受講料は無料ですが、申し込みが必要ですので

下記の連絡先までお問い合わせください。

 

独立行政法人国立病院機構茨城東病院 管理課

029−282ー1151(担当:田原)

 

 

などなど、今年も楽しく活動していきますので

よろしくお願いいたします!

 

 

 


2018-12-24 12:06:00

 

かねてよりFacebookにてお知らせして

おります通り、11月のつくば市議会定例会において

「医療的ケア児等の家庭や関係先における

 発電機購入に対する助成に関する請願」

を当会より提出させていただいておりましたが、

12月21日、全会一致にて可決いただきました!!

 

 

災害の多かった今年、2018年でしたが、

今後も天候や送電トラブルなどどのような状況で

電源の供給がストップしてしまうかわかりません。

 

電源確保が必要な医療的ケアを行う家庭での

自助の一つである発電機の購入が、

このたびの助成決定によって

各家庭で進んでいくことを願います。

 

 

かけはしねっと としては、

 今後もつくば市が医療的なケアを必要とする

要支援者の災害時の支援体制をどう構築して

いくのか、購入への助成をどのような形で

出していくのかなど、注視していきたいと思います。

 

 

お力添えいただきました皆様に、

改めまして感謝申し上げます。

ありがとうございました! 

 


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...